読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク、怒る

表題通り、「怒り」という映画を見てきました。

フォロワーの方の何人かが興味あるみたいなのでネタバレなしで少し書いてみます。

まず、既に番宣やら宣伝動画やらで匂わされているから書きますが、「かなりハードな性描写」があります。

なので、そういうのが苦手という人は少し考えたほうがいいかもしれません。ただ、普段から映画やドラマを見慣れている人は、まあ大丈夫だと思います。

物語はある殺人事件の真相を、3人の視点を描くことで浮き彫りにしようとするもので、なかなかよく出来てると思いました(これも公式サイトからの引用)

以下、俳優について気がついたこと。

渡辺謙→よい。安定してた。田舎のオッサンにもなれるんですね彼は。

綾野剛→ふつう

妻夫木聡→同性愛者っぽさが出てて素晴らしかった(偏見ではなく比喩的な意味で)

宮崎あおい→甘ったるい感じの芝居が素晴らしかった。役に合ってたと思う。映画を見ればわたしの言ってる意味がわかると思います。

広瀬すず→いままで広瀬すずのことをゴリ押し女優だと思ってたけど全面的に撤回します。マジですいませんでした。とにかく素晴らしかった。激賞します。MVPと言っていい。

わたしの評価

とても面白かったです。なぜなら、この映画のテーマである「怒り」というものを自分なりに読み取ることができたからです。何がどう「怒り」なのかはみなさんが映画館で直接確認してみてください。

また、「君の名は。」とか「聲の形」等のアニメ作品ばかり見たのでたまには重い邦画を観たい、と考えてる方にはうってつけの映画だと思いました。

もっとも、ストーリーが肌に合わなかったとしても、俳優陣はマジですごいメンバーなので、彼らの共演を観るってだけでもいいかもしれません。彼らは名声やネームバリューだけで芝居をしてるわけではないってことがわかるはずです。

このブログがみなさんの映画ライフの参考になれば幸いです。