読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進撃の巨人4DX見てきました

進撃の巨人4DX見てきましたので、本編と「4DX」についてネタバレなしで感想の述べたいと思います。

まず、「4DX」とはなにか。

ネットの引用によると、

4DX®とは、3Dのその先「体感型(4D)」を演出するための最新劇場上映システム。座席が作品中のシーンと完璧にリンクし、前後上下左右へ稼働。また、風、水(ミスト)、香り、煙りなど、各種演出も体感できるアトラクション効果も搭載。また、4DX®専用作品ではなく一般公開されている映画作品で、4DX®の環境効果で体感できることも特徴。観客のあらゆる感覚を刺激する4DX®で、これまでに体験したことのない、映画の「新たな感動・すばらしさ」を体感してください。

 

とのことです。

要は映画のシーンに併せて椅子が揺れたり、煙が出たり、水が飛んできたりするんですね。進撃の巨人だと、巨人に襲われてる時なんか揺れたりします。

この4DXを体験しに行きたかったわけです。

時間になり、指定のシアターに向かうと、まず入る前に、ロッカーで手荷物預けるように指示されます。この段階で、「あ、これ結構揺れるな・・・」と覚悟しました。

さらに、ポップコーン等のお菓子はカバーが配られます。こぼれないようにするための配慮だと思われる。

あと、シートもでかくてすわり心地がいいです。

 

時間になり上映開始になりましたが、すっっっっっっごかったですよ。

揺れる、滴る(水)、吹きすさぶ(風)、あと匂う(臭くはない)。めちゃ五感を刺激してきて、アトラクションをしながら映画を見てるような感じでした。

あと、揺れ方も単調でなくて、ドンドンとかズガガガッとか何パターンもあるようでした。

本編に血がブシャーっつなるシーンがあるんですが、前方の吹き出し口から霧吹き状の水がブシャーって出てきてマジでリアルでした…

 

つまり、何が言いたいかというと、

 

一度は体験した方がいい

ってことです。

ただ、酔いやすい人は予め酔い止め薬等飲んだほうがいいかもです。

あと、水が顔にかかるのはいや~というひとはシートの手元に水演出をオフにするスイッチがあるので女性の方も安心です。

 

 

次は進撃の巨人の本編の方の感想を。

まず、映画本編はストーリーに原作者の諫山先生が関わっているようです。

そして、既に公開される情報なのでネタバレにあたらないと思いますから、言ってしまいますが、結構ストーリーが違います。最初のほうから。

そして、ある人物にある設定変更が加えられていますが、そこをどう考えるかでこの作品の評価が分かれるのではないかと思いました。

あとキャラについては、石原さとみのハンジはあれでいいと思います。

原作よろしく、石原さとみが歓喜しながら絶叫するシーンがあってニヤリとしてしまいました。

あと、巨人たちがめっちゃ気持ち悪くてそこは良いと思いました。

三浦春馬はめっちゃかっこいいです。

 

ネタバレになるんでこんなとこですかね…

原作ファンは見てもいいと思います。原作未読の人でも分かるようにできてます。

原作原理主義者の人は知りません。

僕は後編も見ようかと思ってます。