3月のライオン前編

表題通り、3月のライオン前編を観てきたので僕なりに感想を述べたいと思います。

徐々にネタバレになっていくので、「これ以上は」って思う方はそこで読むのをやめれば致命傷にならないと思います。まずはキャスト評から。

桐山零(神木隆之介

完璧に桐山君になってました。前編のハイライトと思われるシーンの芝居も良かったです。

川本あかり(倉科カナ

あかりおねいちゃん役に倉科さんを当てることには当初は反対だったんですけど、あかりおねいちゃんのホワッとした感じが思いっきり出ててすごく癒されました。最高。

川本ひなた (清原果耶)

清原果耶さんって、「あさが来た」のふゆ役の人だったんですね。めっちゃヒナちゃんっぽかったです。若いのに芝居が上手い。元気な感じもグッド^_^

川本モモ(新津ちせ)

モモちゃんは天使。新海誠監督の娘さんなんですね!!

幸田柾近(豊川悦司

トヨエツ渋すぎでビビりました。原作よりもかなり渋めです。

幸田香子(有村架純

はいきました。問題の香子ですよね。

香子はね、刃物のような鋭さと、繊細さが同居してるような芝居や雰囲気が求められてるとおもうんです。おそらく一番難しい役どころでしょう。

有村さんは「がんばってた」とは思います。なぜなら、「じゃあ誰が適役や」と言われたら誰も思い浮かばないからです。

香子って、3月のライオンの物語の中では、一番虚構の度合いが強いキャラクターだと思います(みんな虚構のキャラクターですけど…)。

その中で、有村さんはできるだけ雰囲気を出そうとしてるのが見て取れました。

(香子が桐山くんの家で着替えるシーンがあって、ちょっとしたサービスカットがありました、へへ)

島田開(佐々木蔵之介

島田さんそのまんまでビビりました。

二階堂晴信(染谷将太

熱血的な側面が出過ぎなきらいはあります。二階堂の持つ繊細さや優しさがイマイチなのは脚本によるところもあると思います。

林田高志(高橋一生

キャラ的には原作とまったくちがうと思いました。しかし、教師役の高橋一生をスクリーンで観たいとは思いませんか?桐山くんを想う優しがよく出てました。

後藤政宗伊藤英明

こわすぎ。ヤクザみたいな雰囲気でてました。合ってると思います。

続いて本編の方に入ります。

ちなみに客層は若い人だけでなく、おじさんおばさんも多かったです。広い客層でした。

結論から言うと、面白かったです。

ただ、印象としては、「重厚、地に足がついた」と言った作りで、この部分は3月のライオンに何を求めるかで、評価が変わると思います。

「重厚、地に足がついた」というなら、良いんじゃないかというかも知れません。

具体的には「軽快さ、ポップさ」がほとんどないです。

原作やアニメを知ってる人ならわかると思うんですが、羽海野チカ先生特有のキラキラ、ほわほわとした雰囲気は出てこないです。

漫画やアニメ特有の川本家のドタバタであっても、例外ではなく、抑えめに進行していきます。

なんでそうなるのかというと、あの手の演出は実写でやってしまうと、一歩間違えば薄ら寒いものになってしまうことから、そこは抑えめに行こうということなのだと思いました。

ただ、僕は、川本家や学校での先生の優しさ等の非日常的な演出があればあるほど、桐山くんの心の闇が際立つと思ってましたので、その辺りをバサっといってしまっていいのかよ、とは思いました。

桐山くんの抱えてる闇をどう捉えるかで、この辺りは変わると思いました。現に一緒に行った人は、「分かりやすくて良かった」と言っていたので、あくまで僕の主観ということで。

将棋の描写はしっかりしてて、長い時間をかけてしっかり描いてます。

あと、原作はいろんな人物に焦点を当てて進行していくいわゆる群像劇的なところがありますが、映画は主に桐山くん視点で進みます。これは映画という時間の制約があるので仕方はないかと思います。

あと、これもしょうがないのかもしれませんが、時間の経過が分かりにくかったです。

物語は5月あたりから始まって、酔いつぶれたところをあかりさんに救われて、そっから川本家と懇意になるまでテンポよくすすみ、気がついたらお盆になってるので。

原作を読んでいたら問題ないのですが…

全体的には、前述した通り、地に足がついた作りで、現実の世界に3月のライオンがあったら、このようになるだろうという作りでした。

その意味では、原作を全く知らなくても理解できるドラマだと思います。

しかも、ここで終わるのかよーー!というところで終わり、後編に続くので、続きが見たくなる作りでした。

物語のテーマとしては、

前編は「戦い」、後編は「愛」らしいです。

確かに前編は「熱い」展開が多いです。

後編は…まあ、後編でやるであろう、あのエピソードとあのエピソードからいえばそうでしょうな。たぶん後編の方が泣けるような気がしますね…。

色々言いましたけど、3月のライオンが好きな方にはすごくおすすめできる映画です。

僕は前後編の前売り券を買ったので後編も観に行きまーーしゅ!!!!

次回予告

ひるね姫」を観たよの巻

※何があったら追記します

こしいたい

特に何もない日々なので書くこともなかったのですが、とある災難に見舞われたのでそれを書きます。

結論から言うと、先々週あたりから腰痛で苦しんでました。時系列に沿って書いていきたいと思います。

・2月末

座って勉強してると腰のあたりに違和感。特に何もせず放置。

その後、違和感のある日々が二、三日続く。

・3月1日

朝起きたら明らかに腰が痛い。今までの腰痛とは明らかに違う感じ。しかし、この時点で病院に行かず無理して学校に行く(この選択が間違ってた)。

この日は夜になるとどんどん痛みが増して、これはただ事ではないと感じるに至った。病院を視野に入れる。どんな体勢でも腰が痛くて眠れなかった。

・3月2日

朝起きた時、異変に気付く。

激痛でベッドから起き上がれないのだ。とにかく大変なことになったと認識し、病院に行くことを決意。布団から這いずりながら出て病院に行く。

病院に行き受付をすませ、辺りを見渡したら、朝から死ぬほどジジババがいて、田舎の公民館みたくなってた。

僕は座ってるだけでも辛かったので、脂汗を流しながら待ち続ける。

その後、診察室に呼ばれ、レントゲンを撮った後に、腰にデカい注射をブチこまれて、中世の貴婦人なみの太いコルセットを巻かれて寿司みたくなる。

コルセットの巻き方を看護師さんに教えてもらう際に、ズボンを脱いでパンツを見せることになったので凄く恥ずかしかったです。

レントゲンによると異常がないけど、ヘルニアの可能性があり、ヘルニアの有無はMRIでしか分からないので、一週間後にまたきてくれと言われ、その日は解放された。

薬局で致死量のロキソニンロキソニンテープとその他諸々の薬をもらって這いずりながら帰宅した。

注射をしようが、薬を飲もうが痛いものは痛く、二、三日はひたすら辛かった。

・3月9日

一週間が経過したが、まだ腰は辛く、ヘルニアを覚悟してました。

そして、はじめてMRI童貞を捨てたんですけど、音が馬鹿でかくてビビりました。

MRIによると、ヘルニアではなく、たんなる腰痛だと診断され本当に安心しました。ただ、将来的にはヘルニアになるかもしれないのでいまから腹筋を鍛えた方がいいとのことで「腹筋体操」のパンフレットをもらいました。これで腹筋を割ります。

・今現在

腰痛はかなり良くなりましたが、まだ痛いです。

僕は普段座って勉強してる姿勢がかなり悪くて、たぶんそれが原因の一つだと思ってます。長年の積み重ねが爆発した感じだと思います。

腰痛のつらいとこは、腰が痛いとあらゆる行動に制限がかかるということです。

たとえばテーブルに乗ってるリモコンを取ったりするのでも痛みます。これはある意味風邪よりも辛いです。

みなさんも腰をいたわった方がいいです。

私は腰に良いクッションを買うことにします。

後ジムでは腹筋を重点的に鍛えることにします。

書評その1

年末年始にヒョロワーの方々から紹介してもらった本があったのですが近所の本屋では悉く欠品していたので、その代わりに前から気になっていた本を買ってきました。 これです。

 

 

 桜庭一樹先生の「砂糖菓子の弾丸は打ち抜けない」というタイトルの本です。

 

まず、この本は最初は富士見ミステリー文庫というラノベのレーベルから出されてたみたいなんですが、紆余曲折を経て角川文庫から出るようになりました。今出回っているのは角川文庫のです多分。  

 

読んだ後になぜ角川文庫からなのかがわかった気がしました。

詳しくは言えませんが、全然ラノベっぽくないですねこれ。あとがきで作者も言及してます。

なぜラノベっぽくないのかはみなさんが読んで感じてみてください。

 

この物語は、13歳という大人になろうとしてもなれない年齢のふたりの女の子に焦点をあてた話です。

ストーリー的には、普段からたくさん本を読んでる人は読み進めるにしたがって、ははあそういうことか、とオチやらギミックがわかってしまうものです。

しかし、それでも最後まで読ませる筆力があると思います。そして、読んだ後は不思議な読後感に包まれます。

 

どれだけ強い意志があろうとも、自分ひとりでは生きていけない彼女たちが最後に見るものはなんなんでしょうか。こたえは皆さん自身で確かめてください。薄いので1日で読めますから。

 

 

2016年に買ったもので良かったもの

2017年になってしまいましたが、2016年に買ったもので良かったと思うものを紹介します。

 

 

 

広電(KODEN) ソフト電気あんか VAS20AE-5

広電(KODEN) ソフト電気あんか VAS20AE-5

 

 冬になると布団の中でも朝が寒くなって困ってたんだけどこれで全て解決しました。ソフトタイプなので布団の中で邪魔になりません。しかも安い。

 

 

 

 この歯ブラシの良いところは替えブラシが安いところです。電動歯ブラシって替えブラシが死ぬほど高いですよね。わたしはああいうビジネスモデルが嫌いなのでオムロンの良心的な価格はとても助かります。替えブラシは二本で600円くらいです確か。 

 

 

 

関孫六 ツメキリ type102 HC3502

関孫六 ツメキリ type102 HC3502

 

 みなさん、高い爪切りを買ったことがありますか?マジで世界が変わります。こんなにスパスパ切れて大丈夫なんかと心配になります。オススメ。

 

f:id:huekihueki:20170104001431j:image

 無印の歯ブラシスタンドです。

歯ブラシ周りって汚くなりやすいと思うんですけどこれですっきりしました。ちなみに100均にも陶器製の似たやつが売ってます。

 

f:id:huekihueki:20170104001550j:image

これはニトリのLEDデスクライトです。

わたしは机で勉強とか作業するんでこのライトは重宝してます。LEDなのに2000円くらいでしたね。良い。

 

 

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

 

 ps4です。10年ぶりくらいに新しいゲーム機を買いました。ペルソナ5と一緒に買ったんですけど、いやあ隔世の感がありました。電源スイッチがないんですよね…(当たり前らしい) 

 

f:id:huekihueki:20170104002038p:image

f:id:huekihueki:20170104002125j:image

毎日食ってますが、食った気がしません。

 

 

 

DHC 亜鉛 60日分 60粒

DHC 亜鉛 60日分 60粒

 

 出るっ!!!!!

 

 

こんなところです。追記するかもしれません。

 

この世界の片隅に

表題通り「この世界の片隅に」を観てきました。

口コミで評価がいいのは聞いていたんですけど、全く下調べをしないで軽いノリで観たら…「うわぁ〜…………。」ってなりました。

スクリーン数が少なくても口コミで評価が高い映画の場合、「変化球的な面白さ」で評判になる場合が多いと思うのですが、この作品は「ど真ん中直球の面白さ」でした。

この作品は「火垂るの墓」のように戦争の悲惨さを直接的に描写したり訴えたりはしてないのだと思います(しかしながら、我々は無意識のうちに悲惨さや虚しさを読み取ってしまう。でもそれは今まで見たり読んだりしてきた本やテレビの影響でしょう)

ただ、ただ、日常を丹念に描いているにすぎないのだと思います。

物語の登場人物たちは日常を懸命に生きてるだけ。しかし、それで映画として成立してしまってるのは、一つ一つのシーンを積み上げて、すずと周りの人たちを丁寧に描いているからなのだと思います。

そして、すずを演じた能年玲奈さん。まことに素晴らしい。すずのどこか抜けた感じと、その悲しさ、その意思の強さを見事に演じ分けましたね。激賞します。

この映画は、、

能年玲奈が好きな人

あまちゃんが好きな人

・戦争モノが平気な人

・アニメによく出てくる日常描写などが嫌いでない人

に特に推奨します。

色々書きましたが、クスッとしたりほんわかしたシーンもたくさん出てくるので臆せずに観るといいです。

P5

ペルソナ5をクリアしました。

色々言いたいことはあるのですが、一点だけ気になったことを。

(読解力がないので的外れの意見かもしれません)

この物語はキーワードとして、「反逆」や「賊」、「更生」という言葉がよく出てきます。

ストーリー的にも明らかに「ダークヒーロー」を描こうとしているとも思います。

怪盗団である彼らは、自分の信じる正義に基づいて行動を起こしますが、果たして彼らは「罰」を受けたのでしょうか?

義賊と言えば、石川五右衛門(本作でも出てきますね)とか、ねずみ小僧とかが思い浮かびますが、彼らは自分の正義を貫いた結果どうなったでしょうか?

釜茹でにされたり、磔になったり、その報いを受けたはずです。

コードギアスでのルルーシュは最後どうなったでしょうか?(もっとも続編では生存しているらしいですが…)

P5に出てくる悪人どもは本来、周りの大人が正すべきであって、そうならないから怪盗団は自分の正義を執行した。いわゆる自力救済なわけです。

「改心」させるということは本人の心を捻じ曲げているわけで、○○のやった精神暴走とそう変わらないわけです。

実際、最初の方は竜司やらアンが「これでよかったんだよな?」と問いかけてくるので、製作者の方でもそういう問題意識は明らかにあったと思います。

しかしながら、なぜか物語が進行するに従って単なる勧善懲悪気味になってるのがどうしても気になりました。

神ですら悪認定してますし。

それならそれで、彼らの行き着く先には、それ相応の何かが欲しかったところですが、ジュブナイルものでそれをやるのは重すぎるんでしょうね。

その結果、結末は「俺たちの戦いはこれからだ」みたいな感じになってますし。

ただし、めちゃくちゃ面白かったのは事実ですので、真エンドがあるのかどうかはわかりませんが、あったら購入しますし、そうでなくても追加DLCがでたら購入したいと思ってます。